ルテインは白内障治療後の網膜保護のためにも必要

Pocket

%e6%b0%b4%e6%99%b6%e4%bd%93%e3%81%a8%e7%b6%b2%e8%86%9c

 

 

 

 

 

 

白内障というのは、眼球の水晶体が濁ってしまう症状のことです。

水晶体はカメラでいうところのレンズの働きがあり、
目の中に入ってきた光を水晶体自体が変形して調整することで、
丁度良い距離で網膜に光を届ける事ができます。

このようなピント調整を行う部分が水晶体です。

水晶体は、自らが変形して光を調節するという性質からも解るように、
弾力性に富んでいる組織で、タンパク質、水、ミネラルで構成されています。

白内障を発症するのは、この水晶体内にタンパク質が存在するからです。

つまり、タンパク質分子が何らかの原因で大きくなってしまうと、
水の中に溶ける性質を失ってしまい白濁してしまうのです。

これにより、白内障の原因である濁りが引き起こされます。

また、タンパク質そのものはアミノ酸によって構成されているので、
そのアミノ酸が光によって分解されてしまうと、
黄褐色に着色してしまいます。
これも濁りの原因となります。

こうして白内障が進行してしまうと、
場合によっては、手術で濁った組織を取り除かなければなりません。

一度濁ってしまうと、再びクリアな状態には戻せないと言われています。

手術をすれば白内障自体は良くなりますが、
この時、切除した水晶体の部分に人工レンズを嵌め込むという方法が用いられます。

これを行うと、水晶体のもう一つの働きが失われ、
網膜にダメージが蓄積されやすくなってしまうのです。

水晶体のもう一つの働きとは、目の中に入ってきた紫外線を吸収することです。

水晶体には、目の中に入ってきた紫外線を吸収するという働きがあります。

本来、網膜まで紫外線が届くのはごくわずかで、
ほとんどは水晶体が吸収してくれるので、
眼球内には、ほとんど有害な光は入りません。

ですが、白内障治療で人工レンズに切り換えると、
紫外線を吸収する働きが失われてしまうので、
これにより、網膜に紫外線などの有害光線が届きやすくなってしまうのです。

最近の白内障の治療で用いられる人工レンズは、
UVカット機能が標準で付けられているものがほとんどですが、
それでも、眼球内に入る紫外線の量は手術前よりは増えてしまいます。

また、紫外線だけはカットできますが、
それよりも波長の長い光はカットすることができないので、
いずれにしても、手術前より網膜にダメージが蓄積されやすい状況になります。

こうした白内障手術後の網膜保護のために、
すなわち、網膜にダメージが蓄積されやすくなるというリスクを避けるために、
網膜を直接保護してくれるルテインを意識的に摂取することをお勧めいたします。

ルテインの摂取により、網膜のダメージを防ぎ、網膜を保護することができます。
ルテインサプリは、様々販売されておりますが、
私は、小林製薬の「ルテイン」をお勧めいたします。

 

小林製薬の機能性表示食品「ルテイン」は、
ショボショボ・ぼんやりが気になる方、
くっきり鮮やかな視界を求める方におすすめです!

加齢とともに目が“ショボショボ”“ぼんやり”するのは、
目の黄斑部の色素「ルテイン」の減少が原因のひとつです。

ルテインが不足していると、紫外線などのダメージを受けやすくなり、
そのままほおっておくと目を守る機能が弱まって、
ますますダメージが大きくなってしまいます。

 

また、携帯・テレビ・パソコン。
私たちの目は紫外線以外にもたくさんの光にさらされダメージを受けています。

ルテインは強い抗酸化パワーで、それらの光から目を守ってくれるのです。

現代生活には欠かせないルテインは、注目のサプリメントです。

特に、小林製薬のルテインは、
目の網膜(黄班部)の健康維持に役立つという研究結果が
消費者庁に受理されました。

小林製薬は、大手製薬会社の中で一番先にサプリメント開発を始めた会社です。

小林製薬は、こんな会社です。

大手製薬会社の安心・安全の品質管理で、ルテインをお届けできます。



 

Pocket

黄斑とその色素量が目の健康のバロメーター

Pocket

%e3%81%8a%e3%81%86%e3%81%af%e3%82%93%ef%bc%93

 

 

 

 

 

 

黄班は水晶体の真後ろにあり、
網膜の中心に位置している直径1.5 mm~2 mm程度の組織です。

視界の中心であり、視力をつかさどる組織でもあります。

つまり、黄班の状態次第でものの見え方が大きく異なると言っても過言では無いのです。

物をはっきり見る為には黄班の働きが重要で、
それを可能としているのはおびただしい数の視細胞の存在です。

ごくごく小さい組織ですが、視細胞が十分に存在し黄斑が正常に機能しなければ、
ものは見えにくくなってしまうのです。

黄班は字のごとく、黄色く見えるくぼんだ組織なのですが、
これは、キサントフィルという色素成分が豊富に存在しているので,
このような色になります。

ちなみに、ルテインやゼアキサンチンもキサントフィルの仲間です。

植物は、このキサントフィルを作り出すことができますが、
動物は体内で合成することができません。

なので、我々は食材やサプリメントにより、これを摂取しなければ、減少していく一方なのです。

また、卵の黄身が黄色いのも、キサントフィルによるもののようですが、
これは、親である鶏がエサから摂取しているので黄色くなっているのです。

黄斑の健康状態は黄斑色素濃度という形で現されるのですが、
ルテインを摂取して十分な色素量が保たれていることが、
目の健康に直結していると言えます。

それだけ黄班は重要な部分であると同時に、
そこにどれだけの色素量があるのかということが重要だということです。

 

減ってしまった色素を補う為や十分な色素の量を維持する為にも、
ルテインの摂取が効果的になります。

 

ルテインサプリは、様々販売されておりますが、
私は、小林製薬の「ルテイン」をお勧めいたします。

 

小林製薬の機能性表示食品「ルテイン」は、
ショボショボ・ぼんやりが気になる方、
くっきり鮮やかな視界を求める方におすすめです!

加齢とともに目が“ショボショボ”“ぼんやり”するのは、
目の黄斑部の色素「ルテイン」の減少が原因のひとつです。

ルテインが不足していると、紫外線などのダメージを受けやすくなり、
そのままほおっておくと目を守る機能が弱まって、
ますますダメージが大きくなってしまいます。

 

また、携帯・テレビ・パソコン。
私たちの目は紫外線以外にもたくさんの光にさらされダメージを受けています。

ルテインは強い抗酸化パワーで、それらの光から目を守ってくれるのです。

現代生活には欠かせないルテインは、注目のサプリメントです。

特に、小林製薬のルテインは、
目の網膜(黄班部)の健康維持に役立つという研究結果が
消費者庁に受理されました。

小林製薬は、大手製薬会社の中で一番先にサプリメント開発を始めた会社です。

小林製薬は、こんな会社です。

大手製薬会社の安心・安全の品質管理で、ルテインをお届けできます。



 

Pocket

加齢黄斑変性症は失明のリスクがある

Pocket

加齢黄斑変性症は、
日本人にも増えている失明原因に繋がる眼病の一つです。

日本人では、糖尿病網膜症、黄班色素変性症に次ぐ頻度で発症しています。

 

%e3%81%8a%e3%81%86%e3%81%af%e3%82%93

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この病気の特徴は、
黄班といわれる網膜の中で最も重要な組織が病変で盛り上がってしまうというものです。

 

直接的な原因は、
黄斑の下にあり眼球内に血液を届ける働きのある層である脈絡膜という組織から、
正常な時には存在しない新生血管が作り出されることです。

 

新生血管というのは、本来は存在する必要のない血管なのですが、
網膜や黄斑が栄養不足に陥ったり、
酸素が運ばれなくなったり、
活性酸素が発生しやすくなると、
その状態を改善しようとして栄養や酸素を届けるために作り出されます。

 

%e3%81%8a%e3%81%86%e3%81%af%e3%82%93%ef%bc%92

 

 

 

 

 

 

 

一見すると、体のために良い働きをしているようですが実際は違います。

新生血管は非常にもろい血管で作られては壊れることを繰り返し、その度に出血を伴います。

この出血が黄班の直下で起こることが多く、
内出血を引き起こした黄班部分の脈絡膜が膨れ上がってしまうのです。

脈絡膜が腫れると、その上の黄斑は酸素や栄養を取り入れることができなくなり、
最終的には視細胞が死滅してしまいます。

こうして、視野の一部を失います。

 

この黄班変性症が年齢の増加とともに発症しやすいことから、
加齢黄斑変性症と呼ばれています。

 

年齢的には50歳以上になると発症率が高くなると言われていますので、
該当する方は、日頃から目の健康について意識を高めておくことが大切です。

 

黄斑変性症の自覚症状としては、
視界の真ん中が歪んで見えたり黒く何も映らない状態になることです。

このような状況で何も治療せずに放っておくと、
更に症状は進行し失明に至るリスクが高まります。

 

加齢黄斑変性症は治療により改善することができますが、
代表的な治療方法である光線力学的療法にしても、
抗VEGF療法にしても完治には至らず、
視界の一部を犠牲にしたり、
再度の治療を繰り返さなければならない、
という面倒なものなので、
一度発症してしまうとその後のケアに時間がかかってしまいます。

 

このような状況を避けるためにも、
今日からできる予防方法として、
ルテインの摂取を心がけましょう。

 

ルテインサプリは、様々販売されておりますが、
私は、小林製薬の「ルテイン」をお勧めいたします。

 

小林製薬の機能性表示食品「ルテイン」は、
ショボショボ・ぼんやりが気になる方、
くっきり鮮やかな視界を求める方におすすめです!

加齢とともに目が“ショボショボ”“ぼんやり”するのは、
目の黄斑部の色素「ルテイン」の減少が原因のひとつです。

ルテインが不足していると、紫外線などのダメージを受けやすくなり、
そのままほおっておくと目を守る機能が弱まって、
ますますダメージが大きくなってしまいます。

 

また、携帯・テレビ・パソコン。
私たちの目は紫外線以外にもたくさんの光にさらされダメージを受けています。

ルテインは強い抗酸化パワーで、それらの光から目を守ってくれるのです。

現代生活には欠かせないルテインは、注目のサプリメントです。

特に、小林製薬のルテインは、
目の網膜(黄班部)の健康維持に役立つという研究結果が
消費者庁に受理されました。

小林製薬は、大手製薬会社の中で一番先にサプリメント開発を始めた会社です。

小林製薬は、こんな会社です。

大手製薬会社の安心・安全の品質管理で、ルテインをお届けできます。



 

Pocket

普段の食材のルテイン含有量

Pocket

ルテインを十分量摂取するためには、
サプリメントの利用が必要なのが実情です。

それでも、普段の食事からルテインを摂取することには大きな意義がありますので、
ルテインを多く含む食材を紹介しておきたいと思います。

 

ルテイン配合量(100gあたり)

・ケール   :21.90mg / 100g
・ホウレン草   :10.20mg / 100g
・ブロッコリー :1.90mg / 100g
・葉レタス       :1.80mg / 100g
・グリンピース:1.70mg / 100g
・芽キャベツ  :1.30mg / 100g

また、ルテインの一日の目安摂取量(10mg)を、例えばニンジンから摂取しようとすると
19本食べる必要があります。

このように、普通の食材におけるルテインの配合量を見てみると、
ルテインを食事だけで十分に摂取することは、なかなか困難と言わざるおえません。

なお、ケールやホウレン草によれば食事だけで十分量の摂取が可能かもしれませんが、
これらを毎日たっぷりと食べている者は極僅かだと思います。

したがって、ルテインを十分量摂取するためには、
サプリメントの利用が必要なのです。

ルテインを効率的に摂取しようと考えると、
サプリメントを有効に活用することが必須と言えます。

サプリメントを上手に活用して、ルテインを十分に補うことが、
加齢黄斑変性症をはじめとする眼病の予防に繋がると考えます。

Pocket

ルテインはできれば一日10mg摂取したいものです

Pocket

ルテインの十分量の摂取には、
サプリメントを利用せざるおえないのが実情です。

この場合、一日当たりどの位の量を摂取すれば良いのかという疑問が浮かぶと思います。

1日あたり6mg~12mg程度が目安ということになっていますが、
黄斑変性症などが疑われる場合は、20mg程度と多めに摂取する必要があります。

特段の症状がない場合でも、できれば10mg程度を摂取したいものです。

ルテインの配合量が少ないサプリメントの中には、
”ルテインの摂取量は6mgなのでそれ以上入っていません”というように、
6mgという摂取量が適量であるかのごとく書かれたものがあります。

しかし、6mgという量は、必要最少限とも言えるべき量です。

ルテインは過剰症を引き起こすことはなく、
そのほかの医薬品の吸収や効能を阻害しないことも知られています。

さらに、目の健康が不安になる年齢ならば、
身体の消化・吸収能も落ちていると考えられますので、
どれだけ消化・吸収されるかと考えることも必要です。

差し迫った症状がない場合でも、一日10mg程度は摂取したいものです。

勿論、黄斑変性症などが疑われる場合は、
20mgないし30mg程度と多めに摂取するべきです。

前述のとおり、過剰摂取による弊害はありません。

 

Pocket

目の健康に関わりある成分ールテインが最も重要です

Pocket

視機能の保護や改善、眼病の予防に有効と言われる成分には、
以下のようなものがあります。

ルテイン:紫外線などの外部からの刺激から網膜を保護する
アントシアニン:抗酸化作用に優れ視力回復、疲れ改善に有効
ビタミンA(βカロテン):網膜の機能維持に有効、夜盲症予防
ビタミンE:抗酸化作用に優れ、動脈硬化の防止にも有効
ビタミンC:汚染された空気の害を押さえる働きがあり白内障にも有効
DHA・EPA:血液をサラサラにする働き、視神経の機能改善に有効

ルテインやアントシアニンなどの色素成分の他に、
ビタミン類も目の健康にとって欠かせないものが多いです。

また、DHAなどの不飽和脂肪酸も、神経や血流改善に有効です。

ですが、網膜を守る役割を第一に考えると…。

これらの成分の中で、紫外線や活性酸素から網膜を直接保護してくれるのはルテインだけです。

目の健康を守る成分としては、ルテインが最も重要と言えます。

ルテインは、加齢黄斑変性症の予防や改善に有効と言われていますが、
それだけではなく、白内障予防の効果もあります。

他にも、パソコンやタブレット端末の発するブルーライトによるダメージから
網膜を守る上でも欠かせないものです。

これらの作用から、目の健康を維持し改善するためにも、
積極的に摂取していきたい成分です。

ルテインを摂取する手段としては、サプリメントが主流ですが、
この点に関しましては別記事で記載させていただきます。

Pocket